気分転換にほかの本を読むのはいいね

こんばんは。

ぼちぼちと「12歳からはじめるゼロからのC言語ゲームプログラミング教室」
進めております。

いまは条件分岐のあたりですが、このへんは理解できているなと実感しています。

ただ実際にいちから自分でコーディングしようと思うと難しいんだよなぁ~。

これは慣れなんでしょうか・・・

最近は上記の参考書で疲れた時に気分転換でほかの本を読んでいます。

「オブジェクト指向でなぜつくるのか」
出張で電車に乗っているときにふと、この時間も有効活用したいなと思い、
電子書籍版で購入しました。

C++を学習中でクラスとかそのへんがわかりにくかったので読み物としてこれに
しました。まだすべて読んではいないのですが、オブジェクト指向に特化した書籍と
いうだけあって、入門書の説明よりわかりやすいです。

ただ買ったあとに気づいたんですが、今はC言語の勉強をしているので
C言語の機能で理解できていないポインターに関する書籍にすればよかったなと。

読み終わったら、そちらを購入しますか。

なんにせよ、いろいろと勉強して最終的に人工知能を完成させてやるぜ!

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。